2017春闘 過去4年で上げ幅最大 雇用維持へ待遇改善

2017.06.13付

一般

 トラック業界の2017春闘は、中小組合の健闘で前年を上回る結果となりそうだ。世の中では平成26年に「官製春闘」が始まって以降、最もベースアップ(ベア)水準が低いといわれる中、トラックは人手不足を緩和しようと今年も力強い賃上げ基調となった。賞与についても前年を上回って推移している。
 けん引役の自動車や電機で4年連続ベアだったものの、引き上げ額が前年を下回る回答が相次ぎ、先行きの危ぶまれた今春闘。
中小組合の健闘目立つ
 だがトラック業界は、過去4年で最大…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する