デリカフーズ 東西2拠点で幹線集約 名古屋営業所を新設し

2017.06.20付

一般

 全国の外食・中食産業向けに、青果物の加工と輸配送を手掛けるデリカフーズ(本社・東京、大崎善保社長)は、幹線輸送の集約に取り組んでいる。平成26年設立の物流子会社・エフエスロジスティックス(同、吉川直樹社長)が4月1日、愛知県に「名古屋営業所」を開設。同営業所と東京の本社営業所の2拠点に各地の原料野菜を集約後、拠点間輸送を自社の大型トラックで行う試みをスタートした。
10トン自社便でテスト運行中
 従来デリカフーズは原料野菜に関し、全国の産地から東京…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する