取り込みへ、各社が工夫 中ロット 顧客ニーズ高まり

2017.06.20付

一般

 1トン以上で、大型トラック1台には満たない程度の荷物がいわゆる中ロット。車両不足や荷主の在庫圧縮による少量多頻度輸送により、中ロット貨物へのニーズは高まっている。物流企業各社は、新商品の投入などで中ロット受け入れの準備を始めた。
 特積みの主な貨物は、300~500kg。1トンを超えると、集配の手間が増えたり幹線の積載効率が悪くなるため、中ロットは歓迎されなかった。例えば、繁忙期に大ロットを分割して特積みに流す〝貸し切り崩れ〟が最たるもの。スポット貨物な上…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する