【特別積み合わせ特集】値上げと時短、両立で 働きやすい職場どうつくる?

2017.06.27付

一般

 従業員が働きやすい安全・安心・安定の「3A職場」づくりに向けた取り組みが、特積み業界でも進む。ドライバーの残業時間を短縮する一方、生活に困らないよう賃金の維持・底上げを図る動きがある。そのための生産性向上には、自社業務の効率化に加え、運賃値上げや配送条件改善など荷主の協力がやはり欠かせない。
 特積みと宅配、いわゆる路線会社各社が働き方改革へ大きく一歩を踏み出した今年。中でも、総量抑制に始まるヤマト運輸の一連の改革は、基準運賃の27年ぶり引き上げに及び…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する