【運転席から物流論】第175回 新東名走行の注意点〈前編〉 トラックドライバージャーナリスト 長野 潤一 氏

2017.07.04付

一般

 新東名高速道路の静岡県内区間162km(※連絡道含む)が開通して5年、愛知県内55kmの開通からは1年余りになる。長距離は新東名、地場は東名で、通行車両のすみ分けははっきりした感がある。新東名は東名に比べカーブの曲がり具合や勾配がなだらかで安全に運転しやすい。東京から名古屋に向かう際、距離は約11km、所要時間も約10分短縮できる。勾配が2%以下であることからエンジンへの負荷も小さく、車両の長寿命化や故障発生率の低下にもつながる。とはいえ…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する