国交省 荷主勧告で新制度開始 発動基準、より明確に

2017.07.11付

一般

 国土交通省は1日、新たな荷主勧告制度の運用を開始した。トラックの違反行為について、荷主関与があったかの判断基準をより明確にすることなどが柱。運送会社の行政処分に関係なく、荷主に対して早期の改善協力要請を行える仕組みもつくり、業界の法令順守の徹底につなげる。
 荷主勧告は、運送会社の法令違反に荷主の主体的な関与があった際、国交省が是正措置を勧告し再発防止を求める制度。運送会社が過積載、過労運転防止違反などで行政処分を受けた場合、荷主に協力要請書を発出。…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する