三菱ケミカル物流・トランシィ 合弁会社を設立 液化小口需要に対応

2017.07.18付

一般

 三菱ケミカル物流(本社・東京、福田信夫社長)と日本トランスシティ(同・三重県四日市市、小川謙社長)は3日、合弁会社「四日市ケミカルステーション」を設立した。コンテナ船などで輸入した液体化学品原料の保管や納入、空容器の洗浄・メンテナンス、返送まで一連の業務をまとめて請け負う「ケミカルワークステーション事業」を担う。
 輸入化学原料の増加、顧客の小ロットでの輸送ニーズに対応する。同事業では、港湾関係や四日市コンビナートに強みを持つトランシィの物流基盤をベースに、…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する