【環境特集】特別提言 国として方向性明示を 現状分析と将来予測が鍵 東京都市大学 増井 忠幸 名誉教授

2017.07.25付

一般

 トラックのドライバー不足が深刻化する中、鉄道・海上輸送に転換するモーダルシフトが改めて注目を集めている。一方で、企業の課題認識や、利用条件の制約から、取り組みが一部企業にとどまっていることが課題。東京都市大学の増井忠幸名誉教授は「まずは国として物流の方向性を示すことが重要」とし、産業立地などを通じた後押しが欠かせないとする。
 労働力不足でモーダルシフトに追い風が吹いている。鉄道では31フィートコンテナ導入の動きが増え、トラックとの連携も進み始めた。内航も…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する