三菱ケミカル物流 来夏、加須に新倉庫 危険物需要に応え

2017.07.25付

一般

 三菱ケミカル物流(本社・東京、福田信夫社長)は来夏、埼玉県加須市に新倉庫をしゅん工する。首都圏ロジスティクスセンターの既存倉庫3棟のうち、建設から30年が経過し老朽化した倉庫1棟を解体し、3棟の倉庫を新設する。3棟合計で解体する旧施設の3.9倍の延べ床面積となる。
定温での保管と配送に対応
 昨今引き合いが増えている危険物取り扱いニーズへの対応や、埼玉、群馬、栃木を主体とする関東向け荷物の保管・配送力向上、全国ネットワークの基幹拠点としての機能強化が狙いだ。…
 

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する