日冷倉協 手待ちで自主行動計画 料金変更し集中分散も

2017.07.25付

一般

 日本冷蔵倉庫協会(大谷邦夫会長)は6月30日、トラックの待機時間削減のための自主行動計画を策定した。3月の国土交通省からの協力要請を受けたもの。
 荷主や物流企業との情報共有、繁忙期の分散、バース運用の効率化を行う。運送企業、荷主、行政にも協力を要請し、低温物流網全体で車両の手待ち削減を目指す。
 手待ち時間発生の理由に、日冷倉協は「入庫予定時刻が分からない」ことを挙げる。その結果、混雑時に予定にない車両も加わり、手待ちが長時間発生していた。
 冷蔵倉庫で扱う…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する