【著名人が語る トラックと私】 常に尊敬と畏怖 落語家 林家 木久扇師匠

2017.07.25付

一般

 トラックに、尊敬の念と畏怖をいつも感じている。大型になるほど、その気持ちは高ぶる。
 私の日本橋の実家は戦災を受け、西荻窪へ移った。昭和20年秋、立川基地へ向かう米国進駐軍の緑色のトラックの長い列が、青梅街道をゴウゴウと進む。小学2年生の私は、タイヤを見て驚いた。重い装甲車を載せて運ぶ荷台の下に、分厚いタイヤのカタマリが4つあり、回っている。当時の私は、日本の2輪トラックしか知らない。「こんなに国の力が違うんだ」と、子ども心に敗戦を理解した。
 落語家になり…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する