鴻池運輸 国際検体輸送 展開へ 秋にもインド発本格化

2017.07.25付

一般

 鴻池運輸(本社・大阪市、鴻池忠彦社長)は、医薬品・医療機器の販売、海外での臨床検査委託を手掛けるJ―VPD(本社・東京、山田哲児社長)と共同で、インド発の国際検体輸送サービスに乗り出す。5月からインドで採取した血液検体を、1日強で日本の検査会社に届ける試験輸送を開始。今秋の本格稼働を目指す方針だ。
 インドでは人口増加や経済発展による富裕・中間層増大に伴い臨床検査ニーズが急拡大。半面、遺伝子・染色体検査など高度な分野は発展途上で、検査分野全般でも精度や輸送…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する