業界最大手 相次ぐ値上げ 運賃収受に一層追い風 人手不足、時短対応で

2017.08.01付

一般

 佐川急便は11月21日に、個人向け宅配の基本運賃値上げに踏み切る。日本通運が7月から法人向けの特積み・アロー便の届け出運賃を改定。ヤマト運輸が10月に宅配基本運賃を値上げするのに続き、トラック最大手3社の相次ぐ値上げは、業界の悲願である運賃底上げにつながるのか。
 佐川急便が基本運賃を値上げするのは、平成16年に届け出運賃を申請して以来、13年ぶり。「これまでも自助努力とともに運賃適正化に取り組んできたが、環境の変化に伴い、コストの中身が変わってきた…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する