【荷主と対等な関係へ】第4回 物流の社会的地位 朝日大学経営学部教授 土井 義夫 氏

2017.08.08付

一般

 多くの運送会社が安全や品質向上をうたい、社会的使命を掲げる中、肉体的なつらさを強調した「3K」労働(きつい・汚い・危険)の風潮を拭い去るのは容易ではない。本稿では、荷主から見た運送会社の社会的地位はどういった地点にあるのか、その課題と方策について述べたい。
 日本の荷主企業は、これまで物流子会社などの組織化を進めながら、物流の「見える化」に努めてきた。同時に、3PL企業など外部に委託する形も生まれ、常に物流機能の高度化を志向する。パートナーとなり得るか…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する