毛利新事務次官 担い手確保、大事な時期 運輸の労働対策に注力

2017.08.08付

一般

 国土交通省の毛利信二事務次官は2日の就任会見で、運輸業界で深刻化する労働力不足に関し「将来の担い手確保を考える上で大事な時期。政府や関係省庁とともに労働環境改善を進めたい」と抱負を語った。
 7月就任。島根県出身の60歳。旧・建設省出身で、京都市副市長、大臣官房総括審議官、土地建設産業局長など省の内外で幅広い職務を歴任。平成27年からの総合政策局長時代には生産性革命の旗振り役として、各施策の推進に携わった経験を持つ。
 ドライバーの労働条件改善に向けては…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する