物流不動産 需要旺盛、供給続く 今年102万平方メートル完成

2015.01.27付

一般

 この12年に着工された大型の物流不動産施設が今年大量に完成し、稼働を始める。「物流不動産大量供給の年」(辻俊昭日本ロジスティクスフィールド総合研究所社長)になる。

 1月にグローバル・ロジスティック・プロパティーズ(=GLP)が神戸市に施設をしゅん工するのを皮切りに、シーアールイー、プロロジス、大和ハウス工業、レッドウッド・グループ・ジャパン、三菱商事都市開発、三井不動産など計717物流施設が完成する。合計の延べ床面積は約102万平方メートルにも上る。…

 

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する