物流各社 時短へあの手この手 働きやすさ、生き残りの鍵

2017.08.29付

一般

 物流に2つの風が吹いている。値上げと人手不足だ。少子化で全産業的な人の取り合いが起きており、採用・定着でどれだけ成功するかが企業生き残りの鍵と言える。業界の課題である長時間労働の解決へ、時間管理の徹底や在宅勤務制導入など、各社が工夫を凝らし始めた。
 トラック、倉庫など物流業の特徴は長時間労働。事務・管理職は朝が早く、夜は遅い。夜間運行主体の長距離ドライバーは、前後の集荷や積み降ろしが増えればさらに拘束時間が延びる。事務、荷役などは早ければ平成31年度の残業年720…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する