【新造船拝見】日本通運の「ひまわり8」 幅広いニーズに対応

2017.09.12付

一般

 日本通運(本社・東京、斎藤充社長)は4日、北海道(苫小牧、釧路)と東京を結ぶ航路に新造船「ひまわり8」を投入した。全長166.9m、幅27m、総トン数1万620トン。シャーシ積載台数は、「ひまわり1」に比べ約20%増やし177台。
 ひまわり1がRORO・コンテナ船だったのに対し8は完全なRORO船。専用台車に積めば、コンテナも積載可能で「柔軟な運用で、他社との差別化を図りたい」と内航を担当する牧野繁徳事業統括部長。
 同社の強みである鉄道やトラックと一体…

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する