特集コラム

17091972思う 松永

2017.09.19


【戦後72年 物流トップなに思う】
夜中デスク上で、電話番 

三菱ふそうトラック・バス 松永 和夫 会長

 昭和27年東京都大田区鵜の木で4人家族の長男として生まれた。高度経済成長前夜で、なんとか生活を良くしていこうと、日本全体が活気のある時代だった。多摩川の河原で、チョウやトンボ、玉虫などを採...

続きを見る
17.09.19この人:阪本和ト協会長

2017.09.19


【この人】
会員の〝和″深める 

和歌山県トラック協会 阪本 享三 会長

 長年、筆頭副会長として龍田潤三前会長を補佐。6月の総会で4期8年を務めた前会長からバトンを受け取った。「覚悟を持って臨んだが、想像以上に大変な仕事と痛感」  和歌山県は海と山に囲まれ、西は...

続きを見る
170916名門大洋 野口社長インタ

2017.09.19


【社長インタビュー】
代替、5年以内で検討 新船効果で業績好調 

名門大洋フェリー 野口 恭広 社長

 6月、名門大洋フェリー(本社・大阪市)の新社長に野口恭広氏が就任した。同社は、運営航路は大阪と新門司(北九州市)の間を1日上下2便運航する。ドライバー不足やコンプライアンス(法令順守)強化を背景...

続きを見る
2017.9.12.フレッシュ物流・小林社長

2017.09.12


【戦後72年 物流トップなに思う】
「トンボキチ」な少年時代 

フレッシュ物流 小林 茂社長

 昭和22年、三重県四日市市で生まれた。10歳まではトンボ捕りに夢中で「トンボキチ」と呼ばれたほど。池のそばで飛んで来るのを待ち構え、タモ網を振るった。  高校は、鈴鹿高校という新設校に1期生...

続きを見る
2017.9.12倉庫特集 国交省インタ

2017.09.12


【インタビュー】
人手不足、重大な課題 解消は改正物効法を柱に 

国土交通省 川上 泰司 大臣官房参事官

 この数年、倉庫業界では労働力不足が顕在化し、業務の生産性をいかに高めるかが一層重要になっている。今年度末に期限切れとなる倉庫税制の延長も焦点だ。国土交通省の川上泰司大臣官房参事官に、今...

続きを見る
1 / 3412345...102030...最後 »

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する